スピードラーニングで英会話を極める~ハイペースで身につく秘密~

国際交流

英語に親しみやすいです

勉強

最初は聞き流すだけです

英語を聞いてるだけで話せるようになるとは思いにくいですがスピードランニングの目的は日常会話に英語を浸透させることがメインです。そのため、最初は全くわからないと思うかもしれませんが、とにかく聞き流す感じでも続けることが重要です。そのうち、なんとなく「挨拶をしてるんだな」とか「食事中の話をしているんだな」とか「デート中の会話なんだな」とか、すべての単語がわからなくても雰囲気がわかるようになるはずです。また、英文法と異なり、日常会話には良く出てくる使いやすい単語もあるので、知らないうちにその言葉は学習している場合が多いです。テレビやラジオなどの耳を使う娯楽の時はダメですが、炊事や洗濯、掃除などの時に使うだけも良いでしょう。

聞くことがウリです

普通の英会話の場合は、英語による「会話」を最初から必須にしているため難しいという印象が強いですが、スピードラーニングは「聞く」ことに特化しているので一人でも英語に親しめるのが強みです。また、ラジオやテレビの英会話は時間・テーマは決まってしまっているので、なかなか自分の思うように行かない場合も多く、結局続かない場合も多いですが、スピードラーニングは自分の好きなテーマを聞き流すことから始められるのも良い点です。英語を耳から取り入れることで、脳が考える際に日本語から英語に少しでも変換しやすくなってくれば、自然と会話につながるのです。そこが、スピードラーニングのもっとも強い点です。スピードラーニングが英語教材の中でも一線を画してるのはそのためでしょう。